スリランカETA
Man and child riding on the back of elephant with rock of Sigiriya as backdrop

スリランカ政府により2012年1月1日以降・スリランカに短期滞在で入国を希望するスリランカ入国ビザが免除されている国籍の渡航者に対しあらかじめ入手するように義務付けられた電子的に発行される渡航認証の事を言います。

ETAの有効期間は発行から6カ月です。有効期限内に入国が出来るように申請しなければなりません。さらに、パスポートの残存期間が短い方は最低でもパスポートの有効期限が切れる2カ月前にはスリランカを出国しなければなりません。

ETAの種類は、観光・ビジネス・トランジットの3種類です。滞在可能期間は観光とビジネスが最大で30日間、トランジットが2日間です。また、観光とビジネスは最初のスリランカ入国から30日以内の滞在であれば再入国する事が可能です。(合計で2回/ダブル入国可能・トランジットは1回のみ)

申請者は、パスポートの残存期限が6か月以上必要です。

モルディブ共和国、セイシェル共和国、シンガポール共和国の国籍保有者は、スリランカETAの申請が免除されています。飛行機の乗務員、12歳未満の子供も同様にスリランカETAの申請が免除されます。

スリランカETA申請対象国

  • アフガニスタン
  • アルバニア
  • アルジェリア
  • アメリカ領サモア
  • アンドラ
  • アンゴラ
  • アンギラ
  • 南極大陸
  • アンティグア・バーブーダ
  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • アルバ
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • アゼルバイジャン
  • バハマ
  • バレーン
  • バングラデシュ
  • バルバドス
  • ベラルーシ
  • ベルギー
  • べリズ
  • ベナン
  • バミューダ
  • ブータン
  • ボリビア
  • BES諸島
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • ボツワナ
  • ブーベ島
  • ブラジル
  • ブルネイダルサラーム
  • ブルガリア
  • ブルキナファソ
  • ブルンジ
  • カンボジア
  • カメルーン
  • カナダ
  • カーボベルデ
  • ケイマン諸島
  • 中央アフリカ共和国
  • チャド
  • チリ
  • 中国
  • クリスマス島
  • ココス諸島
  • コロンビア
  • コモロ
  • コンゴ共和国
  • コンゴ民主共和国
  • クック諸島
  • コスタリカ
  • クロアチア
  • キューバ
  • キュラソー
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • コートジボワール
  • デンマーク
  • ジブチ
  • ドミニカ
  • ドミニカ共和国
  • エクアドル
  • エジプト
  • エルサルバドル
  • 赤道ギニア
  • エリトリア
  • エストニア
  • エチオピア
  • 欧州連合
  • フェロー諸島
  • フォークランドランドマルビナス
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • フランスメトロポリテーヌ
  • フランス領ギアナ
  • フランス領ポリネシア
  • フランス領南方・南極地方
  • ガボン
  • ガンビア
  • ジョージア
  • ドイツ
  • ガーナ
  • ジブラルタル
  • ギリシャ
  • グリーンランド
  • グレナダ
  • グアドループ
  • グアム
  • グアテマラ
  • ガーンジー
  • ギニア
  • ギニアビサウ
  • ガイアナ
  • ハイチ
  • ハード島とマクドナルド諸島
  • ホンジュラス
  • 香港
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • イラン
  • イラク
  • アイルランド
  • マン島
  • イスラエル
  • イタリア
  • ジャマイカ
  • 日本
  • ジャージー
  • ヨルダン・ハシミテ王国ヨルダン
  • カザフスタン
  • ケニア
  • キリバス
  • 大韓民国
  • クウェート
  • キルギスタン
  • ラオス
  • ラトビア
  • レバノン
  • レソト
  • リベリア
  • リビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マカオ特別行政区
  • マケドニア
  • マダガスカル
  • マラウイ
  • マレーシア
  • マリ共和国
  • マルタ
  • マーシャル諸島
  • マルティニーク
  • モーリタニア
  • モーリシャス
  • マヨット
  • メキシコ
  • ミクロネシア連邦
  • モルドバ
  • モナコ
  • モンゴル
  • モンテネグロ
  • モンスラート
  • モロッコ
  • モザンビーク
  • ミャンマー
  • ナミビア
  • ナウル
  • ネパール
  • オランダ
  • オランダ領アンティル
  • ニューカレドニア
  • ニュージーランド
  • ニカラグア
  • ナイジェ
  • ナイジェリア
  • ニウエ
  • ノーフォーク島
  • 北マリアナ諸島
  • ノルウェー
  • オマーン
  • パキスタン
  • パラオ
  • パレスチナ
  • パナマ
  • パプアニューギニア
  • パラグアイ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ピトケアン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • プエルトリコ
  • カタール
  • ジンバブエ共和国
  • ルーマニア(ROU)
  • ルーマニア(ROW)
  • ロシア連邦
  • ルワンダ
  • レユニオン
  • サン・バルテルミー島
  • セントヘレナ
  • セントクリストファーネイビス
  • セントルシア
  • セントマーチン
  • サンピエール島
  • セントビンセント・グレナディーン
  • サモア
  • サンマリノ共和国
  • サントメ・プリンシペ
  • サウジアラビア
  • セネガル
  • セルビア
  • シエラレオネ
  • シント・マールテン
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ソロモン諸島
  • ソマリア
  • 南アフリカ
  • サウスジョージアと南サンドイッチ諸島
  • 南スーダン
  • スペイン
  • スーダン
  • スリナム
  • スヴァールバル諸島
  • スワジランド
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • タジキスタン
  • タンザニア
  • タイ
  • 東ティモール
  • トケラウ
  • トンガ
  • トリニダード・トバゴ
  • チュニジア
  • トルコ
  • トルクメニスタン
  • タークスカイコス諸島
  • ツバル
  • ウガンダ
  • イギリス本国市民
  • イギリス領インド洋地域
  • イギリス国民(海外)
  • イギリス海外市民
  • イギリス属領市民
  • イギリス保護民
  • イギリス臣民
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • コソボ
  • 国際連合
  • アメリカ
  • 合衆国領有小離島
  • ウルグアイ
  • ウズベキスタン
  • バヌアツ
  • バチカン市国
  • ベネズエラ
  • ベトナム
  • イギリス領ヴァージン諸島
  • アメリカ領ヴァージン諸島
  • ウォリス・フツナ
  • 西サハラ
  • イエメン
  • ザイール
  • ザンビア
  • ジンバブエ
  • オーランド諸島

スリランカETA申請対象目的

スリランカETAに申請が可能な渡航目的は以下に限られます。
渡航目的に合わせたETAの種類を選択してください。

観光

  • 観光や休暇
  • 友達や親戚を訪問する
  • 治療をする(アーユルウェーダ、ヨガを含む)
  • スポーツのイベント、文化的なパフォーマンスに関連する競技や活動に参加する

ビジネス

  • ビジネス商談や会議に参加する
  • 現地のワークショップやセミナーに参加する
  • 短期研修コースを受ける
  • 芸術的イベント(音楽や踊り等)に参加する
  • 宗教的なイベントへの参加
  • 討論会への参加

トランジット

  • 空港で乗り継ぎをする

滞在期間の延長について

30日以上スリランカに滞在希望する場合、現地コロンボの移民局にて滞在期間の延長申請が出来ます。延長は最大2回、最長6カ月まで。最初にスリランカの空港に到着してから30日以内に延長申請の手続きをする必要があります。初回は到着した日から90日(初回入国30日+2カ月)まで延長可能。二回目は更に最大で90日の延長が可能です。延長日数は審査官の判断により決定されます。

スリランカETAの申請要件

  • ビザ免除対象(上記)国籍の現在有効なパスポートを所持している事
  • パスポートの残存期限が6カ月以上ある事
  • 入国時往復航空券を提示する事(飛行機で入国の場合)
  • スリランカへの渡航目的がビジネス・観光または通過(トランジット)である事
  • スリランカ滞在中の費用を負担出来る事

ETAで入国をする場合、無給・有給にかかわらずETAの条件に指定された職以外の
いかなる職にも就くことは出来ません。

スリランカETA申請時に必要な物

  • 有効なパスポート(残存期限6ヵ月以上)
  • E-mailアドレス(パソコンのアドレス)
  • クレジットカード

上記3点のみでスリランカETAの申請が可能です。
申請時に入力するメールアドレスはパソコンのメールアドレスを推奨しております。携帯電話のメールアドレスは、迷惑メールフィルターによってスリランカETAの渡航認証通知が受信できない可能性があります。事前に、スリランカETAの申請時に迷惑メールフィルターの解除をしておきましょう。

スリランカETA申請方法

MyVisaではスリランカETAの申請フォームをご用意しております。
ETAの申請時に入力する項目は、渡航者の氏名、パスポート情報(パスポート有効期限、パスポート発行日)、生年月日、性別、住所、国籍、渡航先情報(住所、ホテル名、連絡先)などがあげられます。順番に入力していけば問題なく申請が終わりますので、申請の流れに従ってフォームの入力をしましょう。

※申請時の注意事項

申請完了後の訂正は政府サイトの仕様により原則出来ません。
万が一、登録情報をお間違えになられた場合は、至急弊社までご連絡ください。
登録情報をお間違えになられた場合は現地空港のビザカウンターにてお客様ご自身で訂正をお願いする場合がございます。また、その際に訂正料金が発生する場合もあり、やり取りも全て英語となりますので、申請完了前に登録内容にお間違えが無いかどうか再度ご確認いただきますようお願い申し上げます。

MY VISAの費用に含まれるもの

  • 申請費用(観光$35・ビジネス$40/USD)
  • 迅速・安心なビザ申請代行
  • 申請費用の代理支払い
  • 渡航前に必要になる海外保険のご案内・アドバイス

スリランカETAの確認方法

スリランカETAの確認方法はスリランカ政府のHP内にある電子渡航認証ページから「状況をチェック」で下記項目を入力する事により確認が出来ます。

ETA番号が分かる場合
  • ETA番号
ETA番号が分からない場合
  • パスポート番号
  • 国籍

申請時にパスポート番号と国籍を間違えて入力している場合は、スリランカ政府のサイトで参照ができません。この場合は、再度申請が必要になります。

注)再申請の際には別途料金が発生いたします。

スリランカETAの申請料金について

スリランカETAの申請料金は、政府申請手数料35~40$を含む8,900円(税込み)にて申請を受け付けております。お支払方法はクレジットカードまたはPayPalよりお支払いいただけます。
申請は以下にございます「ETA申請開始」ボタンからお願いします。

お申込みの流れ

ご質問など

ビザ申請に関するご質問がある方はお気軽にご質問くださいませ。
団体様や企業様の一括申請も受け付けております。ご要望がございましたらこちらの「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。