ThinkstockPhotos-604375674[2]

ミャンマーeVisa

現在ミャンマー政府は目的にかかわらず、日本を含む多くの外国人に対してビザ(査証/VISA)の取得を義務づけています。通常ビザの申請は事前に大使館を通して申請をする事になりますが、その手続きを簡略化し利便性を高めるためにオンラインでの申請が導入されています。そのオンラインで申請し電子的に発行された承認書の事をeVisaと言います。実際にはミャンマー入国の際に承認書のコピーとパスポートを入国審査官に提出しビザの発給を受けるので、eVisa=ビザ(査証)ではありません。

eVisaの有効期間は発行から90日間です。そのため90日以内に入国が出来るように申請をする必要があります。

eVisaの種類は、観光・ビジネスの2種類です。

eVisaで入国可能な空港・国境検問所はヤンゴン国際空港・マンダレー国際空港・ネピドー国際空港・タチレク国境検問所・ミャワディ国境検問所・カウサン国境検問所に限定されてされています。(船での入国は不可)また、出国は上記6か所に加えてティキー国境検問所も利用可能です。

申請者は、申請時パスポートの残存期限が6か月以上必要です。

ブルネイ・カンボジア・インドネシア・ラオス・フィリピン・タイ・ベトナム・シンガポール国籍保有者(Ordinary passport/一般旅券所有者に限る)はミャンマーに14日以内(シンガポール国籍のみ30日以内)の滞在で、且つ上記3か所の国際空港で入国手続きを行う場合に限りeVIsaの申請が免除されます。

ミャンマーeVisa申請対象国【観光目的】

  • アルバニア
  • アルジェリア
  • アルゼンチン
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • バングラデシュ
  • ベラルーシ
  • ベルギー
  • ブータン
  • ボリビア
  • ボスニア
  • ブラジル
  • ブルネイ
  • ブルガリア
  • カンボジア
  • カメルーン
  • カナダ
  • チリ
  • 中国
  • コロンビア
  • コスタリカ
  • コートジボワール
  • クロアチア
  • キプロス
  • チェーチ
  • デンマーク
  • エクアドル
  • エジプト
  • エリトリア
  • エストニア
  • フィジー
  • フィンランド
  • フランス
  • ジョージア
  • ドイツ
  • ガーナ
  • ギリシャ
  • ギニア
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • ジャマイカ
  • 日本
  • ヨルダン
  • カザフスタン
  • ケニア
  • 朝鮮民主主義人民共和国
  • 大韓民国
  • クウェート
  • キルギス
  • ラオス
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マレーシア
  • モルディブ
  • マルタ
  • モーリシャス
  • メキシコ
  • モナコ
  • モンゴル
  • モロッコ
  • ネパール
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • パキスタン
  • パナマ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • カタール
  • ルーマニア
  • ロシア
  • サウジアラビア
  • セルビア
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • 南アフリカ
  • スペイン
  • スリランカ
  • スウェーデン
  • スイス
  • タイ
  • トルコ
  • ウガンダ
  • ウクライナ
  • イギリス
  • アメリカ合衆国
  • ウルグアイ
  • ウズベキスタン
  • ベネズエラ
  • ベトナム
  • 台湾

ミャンマーeVisa申請対象国【ビジネス目的】

  • オーストラリア
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ブルガリア
  • ブルネイ
  • カンボジア
  • カナダ
  • 中国
  • クロアチア
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • インド
  • インドネシア
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • 日本
  • 朝鮮民主主義人民共和国
  • 大韓民国
  • ラオス
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マレーシア
  • マルタ
  • ノルウェー
  • ネパール
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ポーランド
  • フィリピン
  • ポルトガル
  • ルーマニア
  • スロバキア
  • スペイン
  • スロベニア
  • シンガポール
  • スウェーデン
  • スイス
  • タイ
  • アメリカ合衆国
  • イギリスシチズン
  • ベトナム
  • 台湾
  • ロシア

ミャンマーeVisa申請対象目的

  • 観光(滞在可能期間:28日間)
  • ビジネス(滞在可能期間:70日間)

eVisaはシングルエントリー(1回入国)のみです。再入国の際には、新しいビザが必要です。

ミャンマーeVisa申請要件

  • 上記目的ごと(観光・ビジネス)の対象国籍の現在有効なパスポートを所持している事
  • パスポートの残存期限が6カ月以上ある事
  • ミャンマー滞在中は政府に認可されているホテル・モーテル・ゲストハウス・リゾートに宿泊する事
    (認可されていない民家などには宿泊不可)

対価の有無にかかわらず、ビザ申請書に記載した目的以外の活動に従事する(就労する)事は出来ません。

ミャンマー連邦共和国の法令を遵守し、内政干渉する事は禁止されています。
(法令に反した場合は法的措置が取られます)

申請者は事前の許可なしに制限区域内への進入は禁止されています。

ミャンマーeVisa申請時に必要な物

  • 有効なパスポート(残存期限6ヵ月以上)
  • E-mailアドレス(パソコンのアドレス)
  • クレジットカード
  • 渡航者本人の顔写真のデーター(4.8㎝×3.8㎝、カラー、3カ月以内に撮影された物)

観光目的の方は上記4点のみでミャンマーeVisaの申請が可能です

申請時に入力するメールアドレスはパソコンのメールアドレスを推奨しております。携帯電話のメールアドレスは、迷惑メールフィルターによってミャンマーeVIsaの渡航認証通知が受信できない可能性があります。事前に、ミャンマーeVisaの申請時に迷惑メールフィルターの解除をしておきましょう。

ビジネス目的の方は下記の書類が追加で必要です。

  • 現地の会社からの招聘状(招待状)
  • 招聘元会社の登記簿謄本(現地法人)または、支店登録証明書(外国人投資会社)
    いずれも登録の有効期限が6カ月以上ある事。

ミャンマーeVIsa申請方法

MyVisaではミャンマーeVisaの申請フォームをご用意しております。
ETAの申請時に入力する項目は、渡航者の氏名、パスポート情報(パスポート有効期限、パスポート発行日)、生年月日、性別、住所、国籍、渡航先情報(住所、ホテル名、連絡先)などがあげられます。順番に入力していけば問題なく申請が終わりますので、申請の流れに従ってフォームの入力をしましょう。

※申請時の注意事項

パスポート番号・国籍・生年月日は間違えないように申請時に確認してください。

MY VISAの費用に含まれるもの

  • 申請書のチェック
  • 申請費用の代理支払い
  • 迅速・安心なビザ申請代行
  • 渡航前に必要になる海外保険のご案内・アドバイス

ミャンマーeVisaの申請料金について

ミャンマーe-Visaの申請料金は、政府申請手数料50$を含む9,800円(税込み)にて申請を受け付けております。お支払方法はクレジットカードまたはPayPalよりお支払いいただけます。
申請は以下にございます「e-Visa申請開始」ボタンからお願いします。

ミャンマーeVisaの確認方法

ミャンマーeVisaの確認方法はミャンマー政府のHP内にある「Visa Application Status Enquiry」で下記項目を入力する事により確認が出来ます。

  • ETA番号

ESTAの番号がわからない場合

  • パスポート番号

申請時にパスポート番号を間違えて入力している場合は、ミャンマー政府のサイトで参照ができません。この場合は、再度申請が必要になります。注)再申請の際には別途料金が発生いたします。

お申込みの流れ

ご質問など

ビザ申請に関するご質問がある方はお気軽にご質問くださいませ。
団体様や企業様の一括申請も受け付けております。ご要望がございましたらこちらの「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。