ESTA(電子渡航認証:Electronic System for Travel Authorization:)は、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。
このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、90日以下の短期商用・観光目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。
通常一度認証を受けると米国への複数回の渡航が可能で、2年間有効です。ただし、2年以内にパスポートの有効期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になる為、注意が必要です。

アメリカ電子渡航認証ESTA 90日以内の短期滞在をする方は申請が必要です。

—————————————-

 料金:7,200円(税込み)

—————————————-

ESTA申請対象国一覧

  • アンドラ
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ブルネイ
  • チリ*(New)
  • チェコ
  • デンマーク
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • アイルランド
  • イタリア
  • 日本
  • ラトビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルグ
  • マルタ
  • モナコ
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ノルウェイ
  • ポルトガル
  • 韓国
  • サンマリノ
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾

アメリカのビザ免除プログラムについてはこちらをご確認ください。
http://myvisa.jp/info-us-vwp/

ESTAの申請はこちらから

ESTAの申請フォームはこちらにございます。
申請書の内容をお間違えないようにお願いします。

ESTA利用条件

  • ESTA対象国籍の現在有効なパスポートを所持している事(残存期限6カ月以上が望ましい)
  • 米国での滞在期間が90日以下で滞在に必要な十分な資金がある事
  • 渡米目的が報酬を伴わない商用・観光または通過(トランジット)である事
  • 空路または海路で入国する場合は、上記の他に往復または次の目的地までの航空券・乗船券を所持している事
  • 以下の“ビザ免除プログラムを利用できない場合”に記載された事項に該当していない事

電子チケット(e-チケット)の場合は入国地で移民審査官に提示できるよう旅行日程のコピーをお持ちください。

ビザ免除プログラムを利用して渡米する場合、パスポートの残存期間は入国予定日から90日以上必要です。残存期間が90日以下の場合は、パスポートの有効期限日までの滞在許可となります。

ビザ免除プログラムを利用できない場合

  • 薬物常習者や中毒者であったり、身体的・精神的な疾患、他者へ伝染し死に至らしめる可能性のある疾病(伝染病)を患っている場合
  • 他者あるいは米国政府当局に対する重大な器物破損または傷害行為を招いた犯罪で逮捕されたり有罪判決を受けた事がある場合
  • 違法薬物の所持、使用、流通に関連した法律に違反した事がある場合
  • テロ行為、スパイ活動、破壊工作、大量虐殺に関与した、もしくはしようとしている場合
  • 過去に米国へ不法入国や不法滞在(オーバーステイ含む)したり、不法就労や米国ビザの不正入手をした事がある場合
  • 過去に米国ビザの申請拒否や取消、米国入国地での入国拒否を受けた事がある場合
  • 2011年3月1日以降にイラク、シリア、イラン、スーダン、リビア、ソマリアまたはイエメンに渡航または滞在したことがある場合
  • ビザ免除プログラム参加国の国籍と、イラン、イラク、スーダンまたはシリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者の場合

パスポート要件

2016年4月1日より、ビザ免除プログラムでの渡航者はEパスポート(IC旅券/機械読取式パスポート・写真付IDページの下に2行で記号化されているもの)の所持が必要になります。この規定は、すでに有効な電子渡航認証(ESTA)を取得している渡航者にも該当します。 全ての渡航者はビザ免除プログラムで渡米される前に所持しているパスポートがEパスポートであるか確認することを、強く推奨します。

EパスポートIC旅券)はパスポートの表紙に
E
パスポートを示すマークがあります。

IC旅券

アメリカESTA申請方法

MyVisaではアメリカESTAの申請フォームをご用意しております。
ESTAの申請時に入力する項目は、渡航者の氏名、パスポート情報(パスポート有効期限、パスポート発行日)、生年月日、性別、住所、国籍、勤務先、両親の名前、渡航先情報(住所、ホテル名、連絡先、緊急連絡先)、犯罪歴有無、重大な持病の有無などがあげられます。順番に入力していけば問題なく申請が終わりますので、申請の流れに従ってフォームの入力をしましょう。

適格性についての項目に該当する場合は原則ESTAで認証されません。適格性についての質問を誤入力した場合、病気に関してのチェックを間違えた場合のみ、24時間以上たってから再申請をする事で訂正が可能です。その他の項目を誤入力してしまった場合の再申請はしないでください。(安易な再申請は虚偽の申告を疑われ状況をさらに悪化させる可能性があります。)米国滞在期間に関しての質問を誤入力した場合は、CBP Info CenterにEメールまたは電話(英語のみ)で問い合わせを、その他の質問の誤入力については、目的に応じてビザ申請(観光ならB-2ビザ、商用ならB-1ビザ)をお願いします。

アメリカESTA申請に必要な物

  • 有効なパスポート(残存期限6ヵ月以上が望ましい)
  • E-mailアドレス(パソコンのアドレス)
  • クレジットカード

上記3点のみでアメリカESTAの申請が可能です。
申請時に入力するメールアドレスはパソコンのメールアドレスを推奨しております。携帯電話のメールアドレスは、迷惑メールフィルターによってアメリカESTAの渡航認証通知が受信できない可能性があります。事前に、アメリカESTAの申請時に迷惑メールフィルターの解除をしておきましょう。

アメリカESTA申請の確認方法

アメリカESTAの確認方法はアメリカ政府のHP内にある「既存の申請内容を確認」で下記項目を入力する事により確認が出来ます。

  • ESTA番号
  • パスポート番号
  • 生年月日

ESTAの番号が分からない場合

  • パスポート番号
  • 生年月日
  • 氏名
  • 国籍

申請時にパスポート情報(パスポート番号・名前・生年月日・国籍)を間違えて入力している場合は、アメリカ政府のサイトで参照ができません。この場合は、再度申請が必要になります。ESTAの申請は何度でも可能ですので、お間違えになったESTAに上書きされる形で申請処理されます。
注)再申請の際には別途料金が発生いたします。

お申込みの流れ